導入事例

HOME / 導入事例・加工事例一覧 / 【加工用途別】メディアを使用しない研磨方法

メディアを使用しない研磨方法

樹脂素材のワークが小物で、微細のバリの場合、バレル籠を使用。樹脂のワーク同士がぶつかり合い、互いのバリを剥がし、風量を多くする事でバリを吹き飛ばします。ブロワだから電気代が抑えられ、メディア非使用のため、消耗品の消費はゼロ!!

お悩み
  • 作業環境や作業工程を見直し、改善していきたい
  • コストメリットを重視した研磨加工を常に考えている
解決
  • ブロワしながらブラスト加工する事で、研磨加工時間が短縮
  • メディア(消耗品)を使用しないため、大幅なコストメリットを実現

研磨装置・研磨方法

研磨装置

ブロワ・ブラスト

ブロワ・ブラスト

研磨装置の詳細を見る

研磨材(メディア)なし

バレル籠のみ

バレル籠のみ

お問い合わせ

実例写真

研磨前

研磨前

研磨後

研磨後

まずは、三共理化学にご相談ください。
最適な研磨方法をご提案します!
新世代型のブラスト研磨装置を使った研磨方法など、様々なお客様のニーズにお応えいたします。
研磨装置、研磨材・各種メディアの開発や製造のことなら、三共理化学にお任せください。