三共理化学株式会社 研磨技術特設サイト

048-786-2288

加工事例

HOME / 導入事例・加工事例一覧 / 【加工用途別】鏡面

鏡面

バフを内面に通すと、長尺物は苦手で、作業時間がかかります。電解研磨は、サイズや大きさに応じた専用の設備が必要で、均等に仕上げる事が難しい。そんな悩みをブラスト研磨材のLappinが解消します。

お悩み
  • 粉じんの処理など、ワーク全体の環境に悩んでいた
  • 鏡面の仕上げにバラツキがあり品質が均一に保てなかった
解決
  • ブラスト処理でありながら粉塵の飛散がなくクリーン
  • ブラスト研磨材Lappinを使用する事で、均一に鏡面に仕上げる事が可能

研磨装置・研磨方法

研磨装置

負圧吸引式ブラスト研磨装置

負圧吸引式ブラスト研磨装置

研磨装置の詳細を見る

研磨材

ブラスト研磨材 LAPPIN:長尺物が加工可能(φ70×8Mまで実績あり)

ブラスト研磨材 LAPPIN

研磨材の詳細を見る

実例写真

研磨前

研磨前

研磨後

研磨後

まずは、三共理化学にご相談ください。
最適な研磨方法をご提案します!
新世代型のブラスト研磨装置を使った研磨方法など、様々なお客様のニーズにお応えいたします。
研磨装置、研磨材・各種メディアの開発や製造のことなら、三共理化学にお任せください。